建築家とつくる理想を超える注文住宅・リノベーション
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

高断熱住宅
夏は涼しく、冬は暖かく過ごせる快適な住まい

外観写真
快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になります。アールプラスDMでは高気密・高断熱の住宅を提供します。

ZEHの基準をはるかに上回るR+houseの断熱性能

R+houseでは国の基準やZEHの基準をはるかに上回る、全国トップクラスの断熱性能 HEAT20 G2グレード(UA値0.46)が標準仕様です。光熱費を削減し、1年中快適に過ごすことができる住宅を提供します。

⾼断熱の指標となる「UA値」

断熱性能を表す指標としてUA値というものがあり、数値が小さいほど断熱性が高いことを表します。このUA値をもとに、断熱性が高い方から断熱性能等級7~1が定められています。 最高水準の等級6〜7が、R+houseの標準です。
UA値の基準

R+houseの断熱性能 HEAT20 G2グレードが標準仕様

また、UA値の基準は地域によって異なります。地域によって気候が異なるためです。千葉県は、6地域という区分に分類されます。
地域区別断熱基準
さらに同じ6地域でも、省エネ基準によってUA値で求められる基準も異なります。 よく言われるZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、6地域だとUA値0.60を下回る家づくりが求められます。私たちR+houseでは国の基準やZEHの基準をはるかに上回る全国トップクラスの断熱性能HEAT20 G2グレード(UA値0.46)を標準仕様としています。
>>今話題のZEH(ゼッチ)って何?ZEH住宅でお得な家づくりができるって本当?

R+houseが提供する高断熱住宅のメリット

R+houseが提供する高断熱住宅は、外からの熱の伝わりを少なくすることで外気温の影響を受けずに室内の温度を一定に保つことができ、一年中快適に過ごすことができます。また、冷暖房効率アップによる省エネ効果や暖冷房費の節約にも繋がります。さらに、心臓や血管に負担のかかるヒートショックのリスクを軽減することができ、健康面でもメリットがあります。
断熱性能と冷暖房費
 

八千代市・習志野市・千葉市・柏市・我孫子市・守谷市・取手市で家づくりを検討されている方へ

外気温の変動に伴って、室温も大きく変動してしまう住宅では、長く快適に過ごすことはできません。R+houseには長く住み続けるために十分な断熱性能があります。その断熱性能を体感したい方は、ぜひモデルハウス見学会や完成見学会にお越しください。
アールプラスDMでは、モデルハウス見学会や完成見学会、家づくりに関する勉強会、個別相談会など様々なイベントを開催しています。断熱性能だけでなく、土地探しのお悩みや予算の相談など、家づくりに関することなら何でもお答えしますので、ぜひ、ご相談ください。
#注文住宅
#新築
#高断熱
#ZEH
#HEAT20 G2
#性能

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真

伐採から始まる家づくり

私たちアールプラスDMでは、家づくりに国産材を利用できる現地ツアーを実施しています。着工前に木材の産地である高知県梼原町にて伐採祈願祭見学ツアーを行い、お施主様の手で伐採した木で家をつくることができます。
株式会社アールプラスDMの家づくり写真

家づくりと庭づくり

私たちアールプラスDMは家づくりと庭づくりをトータルで提案する住宅会社です。家と庭を同時にデザインし、敷地全体での建築プランを提案します。家の外観と庭のデザインを調和させることで、理想の住まいを実現します。庭づくりも家づくりと同じく重要な要素と考え、お客様の要望を丁寧に取り入れ、後悔のない庭づくりをサポートします。
地盤調査報告書

地盤改良技術

どんなに地震に強い建物を作っても、建物が建つ地盤が弱くては安心な暮らしができません。特に、2011年の東日本大震災時に千葉県では液状化現象が発生した記憶もあり、千葉の地盤については懸念を抱いてる人も多いのではないでしょうか。
白と黒の外観

コストパフォーマンス

住宅のコストは材料費・手間賃・現場や営業の経費など多岐にわたりますが、建てる住宅会社によって総額は異なりますし、同じ総額でもコストの内訳や比率が異なるケースが多く見られます。お客様に直接還元されない部分に多くのコストがかかっていたり、工夫をすればカットできるはずのコストまでお客様が負担していたりするのです。
構造

高耐震住宅

R+houseは耐震性能を表す指標の最高ランクである耐震等級3が標準仕様。周辺に4つのプレートがあり、地震の発生しやすい千葉県で、建物とそこに住まう家族を守ります。
インテリアにもなる鉄骨階段

パッシブデザイン

パッシブデザインとは、太陽の熱や光、風などの自然エネルギーを活用し、より快適・健康に過ごすための建築設計の技術や技法のことを言います。エアコンなどの機械の力ではなく、自然エネルギーを最大限活用することで、光熱費を最小限に抑えながら室内環境を整え「夏は涼しく冬は暖かい暮らし」を実現させます。
白い外観の住宅

建築家住宅

R+houseの住宅を設計する建築家は「住まいを設計するプロ」。「建てるプロ」と「住まいを設計するプロ」は違います。住まいを設計するために、会話の中からお客様のご要望や理想の暮らしをしっかりとキャッチし、理想の空間をカタチにしていきます。
戸建て住宅

高気密住宅

快適な住まいを実現するためには、断熱性と共に気密性にも気を配るべきです。どれだけ断熱性能が高くても、気密性能が悪ければ、断熱性能の効果が無くなってしまいます。高気密住宅のメリットとアールプラスDMの気密性能について紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.30

注文住宅における換気の重要性とは?千葉市における快適な家づくり

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

持家と賃貸のメリット・デメリット|千葉市・柏市・我孫子市・八千代市・習志野市の持家率は?

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

注文住宅のメリットと注意点を知って千葉の注目エリアで理想の家づくりを!

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

千葉県で注文住宅を建てるなら!流れと期間・コツを知っておこう

株式会社アールプラスDMの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅・リノベーションのご相談はこちら

幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1
守谷office
住所
茨城県守谷市中央3-17-3 COSMOS守谷2F