建築家とつくる理想を超える注文住宅・リノベーション
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

パッシブデザイン
省エネで快適な暮らしを叶える

インテリアにもなる鉄骨階段
「パッシブデザイン」という言葉をご存じですか?パッシブデザインは自然エネルギーを活用した、快適で健康に暮らすための設計手法です。冷暖房や照明の使用頻度を少なくし、光熱費を削減することもできます。しかし、それを叶えるためにはその土地の自然環境や地域特性を理解し、設計する必要があります。快適で光熱費の心配がない暮らし。R+house八千代・幕張・柏・守谷の建築家だからこそ設計できる、パッシブデザインについて詳しくご紹介いたします。

省エネを叶えるパッシブデザインとは

パッシブデザインとは、太陽の熱や光、風などの自然エネルギーを活用し、より快適・健康に過ごすための建築設計の技術や技法のことを言います。エアコンなどの機械の力ではなく、自然エネルギーを最大限活用することで、光熱費を最小限に抑えながら室内環境を整え「夏は涼しく冬は暖かい暮らし」を実現させます。
パッシブハウスイメージ

パッシブデザインのメリット

夏は涼しく冬は暖かいので一年中快適に過ごせるのはもちろん、住宅内の温度差のムラがなくなるので、ヒートショックなどの健康被害のリスクも抑えることができます。そしてなにより、自然エネルギーの活用で光熱費が余計にかからず、家計の負担を最小限に抑えることができることが大きなメリットといえるでしょう。

R+house八千代・幕張・柏・守谷のパッシブデザイン

千葉県の中でも東京湾に面した地域と太平洋に面した地域とでは、得られる自然エネルギーの特徴も異なります。また、千葉県北西エリアは住宅密集地が多いエリアでもあるため、日差しの入り方も慎重に考える必要があります。千葉県の地域特性を理解しているR+house八千代・幕張・柏・守谷と、土地を読み生かす力のあるR+houseの建築家が、あなたに最適の快適で省エネな暮らしをご提案します。
片上 利子

パッシブデザイン~5つの要素~

快適で省エネなパッシブデザインの住宅には、以下の5つの要素をバランスよく設計に組み込む必要があります。
1.断熱・気密
2.日射遮蔽と日射取得
3.自然風
4.昼光
5.日射熱
それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。
パッシブデザインの五要素

1.断熱・気密

「夏は涼しく冬あたたかい」住まいの実現に一番欠かせない要素です。断熱気密の性能が低いと外気温に室内が左右されてしまいますし、室温を一定に保つことが難しくなります。R+house八千代・幕張・柏・守谷は国の基準やZEHの基準をはるかに上回る、全国トップクラスの断熱性能 HEAT20 G2グレード(UA値0.46)を標準仕様としています。断熱性能が高ければ、小さい暖冷房の負荷で快適に暮らすことが可能になります。
>>ZEHレベルの断熱性能についてはこちら

2.日射遮蔽と日射取得

夏の暑い日に快適に過ごすためには日射遮蔽がとても重要となります。建物の向きや庇の長さを工夫し、窓から入る太陽の強い日差しを防ぎます。一方、冬の寒い日には晴れた昼間の暖かい日差しを住まいの中に取り入れる必要があります。これを日射取得と言います。このように、一年を通して快適に過ごすためには季節や時間で変わる日差しを計算し、シミュレーションをしながら設計する必要があります。
日差しがはいるように設計された2階廊下

3.自然風

その土地によって風の入り方は異なります。心地の良い風を住まいの中に取り入れることで、自然の力で涼しく、そして住まいの中の空気をうまく循環させることができます。そのためには計算された位置に窓を設計したり、断熱気密性能の高い住宅だからこそできる吹き抜けを取り入れたりします。

4.昼光利用

光熱費を抑えるためには、昼間に電気を使わないで済むような設計も必要となります。太陽光をうまく取り入れられるように、シミュレーションしながら設計をします。

5.日射熱

日射熱は、冬に暖かく過ごすために必要な要素です。日射が入るように窓を大きく取り、住まいに配置した蓄熱体で蓄熱することで、大きな省エネ効果が期待できます。これも断熱性能が高くないと日射熱が外に逃げてしまうので、高い性能を実現する技術力がないと難しいと言えるでしょう。

R+house建築家のパッシブデザイン

R+houseの建築家は建築予定地に実際に足を運び、自然環境や周辺環境を把握し、その土地に合った設計を行います。地域の特徴を生かした設計で、エアコンなど機械を利用したエネルギーは最小に、自然エネルギーを最大限活用し、光熱費を抑えて快適に過ごせる住まいを設計しています。
松島潤平

R+house建築家だからできること

R+houseの建築家は全国のお客様の住まいを設計しています。全国の地域に足を運び、その土地の自然環境だったり周辺環境、時には習わしなども研究しながら最適な住まいを設計しています。多くの地域を知る建築家と、千葉県の特徴を深く理解しているR+house八千代・幕張・柏・守谷だからこそ、その土地の特徴を生かした設計のご提案が可能です。
建築家との打ち合わせ風景
具体的に建築家がどのようなことを配慮し設計しているのか、その具体例を一つお伝えします。こちらの図は計画している土地に隣接している建物の影が、一日の中でどのような動きをするかというシミュレーションです。これによってその土地にどのような影が落ちるのかがわかります。その影をできるだけ避ける形で建物を配置したり、影になりにくい場所にリビングを計画したりします。建築家はこのように、太陽の動きをしっかりと捉えたプランニングも得意としています。
日射遮蔽と日射取得
※建築家が行うシミュレーションの一例です。全ての建築家が必ず行うものではございません。
>>あなただけの空間デザインを設計するR+house建築家についてはこちら

パッシブデザイン 実例

夏の日射遮蔽と冬の日射取得を考慮した快適な住まい

駐車スペースもゆとりのある家
夏の日射遮蔽と冬の日射取得に配慮し、窓の位置や大きさ、庇を計算。高断熱・高気密住宅ならではの吹き抜けによって、住まい全体に心地よい風が通る。経済的で快適に暮らせる住まいが実現しました。

千葉県北西や茨城県南部で注文住宅をご検討の方へ

R+house八千代・幕張・柏・守谷の建築家は、お客様それぞれのライフスタイルに合わせ、将来的なライフステージの変化にも柔軟に対応できる空間デザインをご提案します。一生に一度と言われる家づくりで失敗したくない、快適に長く暮らしたい方はぜひお問い合わせください。R+house八千代・幕張・柏・守谷では、モデルハウス見学会や完成見学会、家づくりに関する勉強会、個別相談会など様々なイベントを開催しています。建築家との家づくりに興味をお持ちいただけた方は、ぜひご参加・ご来場ください。
小上がり和室のあるLDK

>>その他のパッシブデザイン事例を含めた建築実例はこちら
#注文住宅
#新築
#高気密
#高断熱
#設計
#デザイン
#性能

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

地盤調査報告書

地盤改良技術

どんなに地震に強い建物を作っても、建物が建つ地盤が弱くては安心な暮らしができません。特に、2011年の東日本大震災時に千葉県では液状化現象が発生した記憶もあり、千葉の地盤については懸念を抱いてる人も多いのではないでしょうか。
白と黒の外観

コストパフォーマンス

住宅のコストは材料費・手間賃・現場や営業の経費など多岐にわたりますが、建てる住宅会社によって総額は異なりますし、同じ総額でもコストの内訳や比率が異なるケースが多く見られます。お客様に直接還元されない部分に多くのコストがかかっていたり、工夫をすればカットできるはずのコストまでお客様が負担していたりするのです。
構造

高耐震住宅

R+houseは耐震性能を表す指標の最高ランクである耐震等級3が標準仕様。周辺に4つのプレートがあり、地震の発生しやすい千葉県で、建物とそこに住まう家族を守ります。
外観写真

高断熱住宅

快適な住まいの条件の一つに、「部屋の中が常に適温に保たれていること」が挙げられます。いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒い住宅では意味がありません。理想的な“夏は涼しく、冬は暖かい住宅”を実現するためには、外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことも重要になります。R+house八千代・幕張・柏・守谷では高気密・高断熱の住宅を提供します。
白い外観の住宅

建築家住宅

R+house八千代・幕張・柏・守谷の住宅を設計する建築家は「住まいを設計するプロ」。「建てるプロ」と「住まいを設計するプロ」は違います。住まいを設計するために、会話の中からお客様のご要望や理想の暮らしをしっかりとキャッチし、理想の空間をカタチにしていきます。
戸建て住宅

高気密住宅

快適な住まいを実現するためには、断熱性と共に気密性にも気を配るべきです。どれだけ断熱性能が高くても、気密性能が悪ければ、断熱性能の効果が無くなってしまいます。高気密住宅のメリットとR+house八千代・幕張・柏・守谷の住宅の気密性能について紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.30

注文住宅における換気の重要性とは?千葉市における快適な家づくり

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

持家と賃貸のメリット・デメリット|千葉市・柏市・我孫子市・八千代市・習志野市の持家率は?

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

注文住宅のメリットと注意点を知って千葉の注目エリアで理想の家づくりを!

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

千葉県で注文住宅を建てるなら!流れと期間・コツを知っておこう

株式会社アールプラスDMの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅・リノベーションのご相談はこちら

かしわ沼南model
住所
千葉県柏市大島田2丁目2-1 かしわ沼南住宅公園内 ※セブンパークアリオ柏さんの向い。
幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1
守谷studio
住所
茨城県守谷市松ケ丘3-20-1
大分西studio
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階
GARDENS GARDEN 幕張・柏
住所
千葉県柏市小青田5丁目5−1
柏たなかstudio
住所
千葉県柏市小青田5丁目5−1werdenビル1F