建築家とつくる理想を超える注文住宅・リノベーション
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

注文住宅における換気の重要性とは?千葉市における快適な家づくり

家づくりノウハウ
公開日:2023.12.27
最終更新日:2024.01.30
株式会社アールプラスDMの家づくり写真
株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.12.27
最終更新日:2024.01.30

注文住宅における換気の重要性とは?千葉市における快適な家づくり

落ち着いた雰囲気の勾配天井とダウンフロアリビング
注文住宅を建てる際には、快適な暮らしのために断熱性、気密性、そしてもう一つ換気について考えることが大事です。しかし、窓を開けて行う自然換気では花粉や塵などが入ってきてしまううえに、室内の温度が外気温に左右されてしまい、快適性が失われてしまいます。今回は、快適に過ごすために必要な換気方法について紹介します。千葉市周辺の気候から見る換気の必要性についても解説するので、注文住宅建築をご検討中の方は参考にしてください。

目 次

注文住宅で換気が重要な理由は?

住宅の疑問
換気とは、室内の汚れた空気を屋外に排出し、屋外の新鮮な空気と入れ換えることです。室内の空気には、ホコリやダニ、生活の中で発生する二酸化炭素だけでなく、人体に有毒な化学物質などが含まれている可能性もあります。最近の住宅は、気密性が高まっていることから、汚れた空気が蓄積しやすくなっています。そこでこれらの汚れた空気をきれいにするために必要なのが換気です。しかし、窓を開けて自然に換気した場合、入れ替わる空気が多くなることから室内に空気の流れが発生。その結果、冷暖房効率が下がり快適性が失われてしまいます。それでは、どのようにすれば快適で効率の良い換気が行えるのでしょうか。

室内の空気をキレイに保つには計画換気が大事

計画換気とは、換気装置を使い室内の空気の流れを計画的にコントロールすることです。計画換気をするために必要なのが、24時間換気システムです。24時間換気システムは、常にゆっくりと換気するため室内の温度が変わりにくく、快適性が損なわれにくいという特徴があります。

さらに、湿気を含んだ空気を外に排出してくれるため、結露やカビの発生も防いでくれます。結露は、空気中に含まれている水蒸気が、冷たいものに触れたり冷やされたりして水滴になることです。私たちが普段目にすることがない、壁の内部にまで結露が発生してしまうと、柱や梁が腐り住宅性能が下がったり、家の寿命が短くなったりしてしまいます。そのため計画換気を取り入れることは、住む人の快適性を保つだけでなく、住宅そのものにとってもメリットがあるといえるのです。

>>断熱材と窓は高気密・高断熱な家づくりに重要!八千代市・幕張・柏市の省エネ基準とは

24時間換気システムが義務化されたこととその背景

24時間換気システム
24時間換気システムの設置は、2003年に行われた建築基準法改正により、住宅のほかオフィスや病院、学校などすべての建物で義務化されました。その背景にあるのが、シックハウス症候群です。

シックハウス症候群は、新築やリフォームした家に住む人に見られることがある健康被害です。発症の要因として、住宅の建材などから発生するホルムアルデヒドなどの有害な化学物質が挙げられます。住宅の気密性能の向上や換気不足、湿気なども原因に含まれます。めまいや吐き気、のどの痛み、頭痛などさまざまな症状が現れますが、個人差があるため、同じ環境にいてもすべての人に症状が現れるわけではありません。ある室内環境から離れたときに、見られていた症状が軽減したり見られなくなったりする場合は、シックハウス症候群の可能性があると考えられるでしょう。

ちなみに改正建設基準法では、住宅の居室における換気回数についても「1時間当たり0.5回以上」という基準が設けられており、この基準をクリアすると1時間あたり部屋の空気の約半分が入れ替わります。

参考元:国土交通省「改正建築基準法」
参考元:厚生労働省「健康な日常生活を送るために シックハウス症候群の予防と対策」

注文住宅で選ぶべき換気の種類は?

窓や換気扇などを使った換気のやり方
それでは、家づくりをする際に、どのような換気方法を取り入れるのが良いか考えてみましょう。機械による換気には、大きく3つの種類があります。それぞれの特徴やメリットやデメリットを紹介します。

第一種換気

第一種換気は、空気を取り込む(給気)際も排出する(排気)際も機械により強制的に換気する方法です。どちらも機械を使用するため、これから紹介する換気方法の中で一番効率よく換気できます。また第一種換気では、外気を取り込む際に室内の温度に近づけて給気する熱交換システムも使用可能です。熱交換システムを装着すれば、真夏でも真冬でも室内の温度変化を最小限に抑えられるため、冷暖房効率が上がり、光熱費の削減が期待できます。さらにフィルターの設置で、外気に含まれる花粉や塵などを排除して給気できる点もメリットです。

しかし、給気口にも排気口にも機械を使用するため、設置費用やランニングコストが他の換気システムよりは、すこし上がってしまう点がデメリットです。

第一種換気をおすすめするケース

・寒冷地で省エネ効果が期待できる場合
・アレルギーの原因になる花粉や塵が気になる場合

第二種換気

第二種換気は、給気の際だけ機械を使用する仕組みで、排気は機械を使用せず排気口などから自然に行います。空気を取り込む力のほうが強いため、室内の気圧が高くなるのが特徴です。ドアを開けたときに室内にホコリやゴミが入りにくく、常にクリーンな状況を保てます。そのため、病院や食品工場などで採用されやすい傾向にあります。

ただし、一般の住宅においては排気が不充分で湿気が溜まりやすく、内部結露の原因になる可能性から、ほとんど採用されません。

第三種換気

住宅の換気イメージ
第三種換気は、第二種換気とは反対に給気は自然に行い、排気は機械を使用して強制的に行います。空気を排出する力が強いため、室内の気圧が下がり湿気が溜まりにくいのが特徴です。そのため、一般的な住宅で多く採用されています。ただし、給気口は各部屋に1つ、排気に使用する機械は各階に1つ設置することが多く、住宅の気密が低い場合隙間から外気が入り込みやすい点があることと、排気口がそのまま外気の影響を受けやすく、特に寒い冬などは冷気を感じやすくなるということがデメリットです。そうなると想定通りに空気が動かず、十分な換気がなされなくなるので住宅の気密性も重要になります。

第三種換気をおすすめするケース

・冷暖房効率、換気効率よりも設置費用やランニングコストを抑えたい場合

>>八千代市・千葉市花見川区・柏市でマイホームを建てるなら!費用が高額になる理由とエリアの相場を徹底解説
>>柏市・八千代市・習志野市で注文住宅を建てた場合の維持費を解説!

換気と気密の関係

換気を効率よく行うためには住宅の気密性の高さも重要になります。気密性が低い住宅では、サッシや壁などの小さな隙間から外の汚れた空気が入り込んでしまいます。さらに24時間換気システムとは別の経路で換気されることになり、計画通りに換気されず、どんなに機能の良い換気システムを導入したとしても、部分的にしか換気できないことになりかねません。そのため、計画換気を効率よく行うためには、気密性についても充分に考えることが大切です。

千葉県千葉市や八千代市周辺における換気対策の重要性

換気の積み木
ここで、千葉県千葉市や八千代市、柏市周辺で快適な家づくりをする際の換気の重要性について、千葉市周辺の気候を踏まえて考えてみましょう。

千葉市周辺は比較的温暖な気候で、気象庁が発表しているデータによると、2020~2022年の千葉市年間平均気温は16.7~17.1℃、2022年の最高気温は36.4℃、最低気温は-2.0℃です。柏市や八千代市は、やや内陸に位置することから、夏は気温が高めで蒸し暑く、最高気温は八千代市で37.3℃、柏市では40.1℃を記録しました。(八千代市:消防本部資料より・柏市:消防局資料より)また、冬は比較的気温が低い傾向があり、同データによると八千代市で-3.8℃、柏市で-4.5℃を記録しています。

また年間の降水量は、千葉市では平均1,400~1,800mm程度で、湿度は平均で63~67%です(2020~2022年データ)。同データによると、春から夏にかけては降水量が多い月があり、1ヵ月の降水量が300mmを超えることもありました。湿度は6~9月で特に高く、月の平均湿度が80%超まで上がることも。柏市や八千代市でもそれぞれの市が発表しているデータによると、2022年には平均湿度が80%を超える月が見られています。人が快適に感じる湿度は、約40~60%といわれているため、快適に過ごすためには住宅の湿度対策をする必要があるといえるでしょう。

湿度対策は、快適に住むためだけではありません。湿度が高いと住宅にカビが発生しやすくなり、シックハウス症候群をはじめとする健康被害を発症しやすくなります。構造体や建材の腐敗にもつながり、建物自体に悪影響を及ぼす可能性もあります。千葉市や八千代市、柏市周辺で快適な注文住宅の建築を考える場合は、効率の良い換気ができる住まいづくりが重要だと言えるでしょう。

参考元:千葉市「千葉市の概況」
参考元:柏市「柏市の概況」
参考元:柏市「柏市統計書エクセルデータ」1 土地・気象
参考元:八千代市「各種統計データ(1.土地・気象)」
参考元:気象庁「月ごとの値 千葉(千葉県)2022年」
参考元:気象庁「月ごとの値 千葉(千葉県)2021年」
参考元:気象庁「年ごとの値 千葉(千葉県)」

>>八千代市・花見川区幕張・柏市で注文住宅を建てるなら知っておきたい!今更聞けない住まいの「基本性能」を解説

千葉市や八千代市、柏市で注文住宅を建てるならR+house八千代・幕張・柏・守谷へ

白一色の外壁にくり抜かれた木目がアクセントの外観
R+house八千代・幕張・柏・守谷は、家づくりにおいてデザイン性の高さや高断熱、高耐震などの強みを持つ工務店です。特に気密性能は、国が定めている基準を超えているため、換気をしたときに空気をしっかりと入れ替えられ、常に室内に新鮮な空気を取り込める特徴があります。また内部結露を防止できるため、長く快適に住み続けられるのもおすすめしたいポイントです。心地よく暮らせる注文住宅をご検討中の方は、R+house八千代・幕張・柏・守谷にご相談ください。

>>千葉市・八千代市・柏市エリアでの快適な住まいを実現する高気密住宅についてはこちら
#千葉県千葉市花見川区#注文住宅 #新築 #高気密 #24時間換気 #第1種換気 #第2種換気 #第3種換気 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

持家と賃貸のメリット・デメリット|千葉市・柏市・我孫子市・八千代市・習志野市の持家率は?

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

注文住宅のメリットと注意点を知って千葉の注目エリアで理想の家づくりを!

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

千葉県で注文住宅を建てるなら!流れと期間・コツを知っておこう

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.01.14

注文住宅とは?家づくりのコツや注意点を紹介!千葉エリア分譲地の紹介も

前へ
実家リフォームの予算は?茨城県守谷市でリフォームすべきタイミングとは?
事前の準備がなにより大切
次へ
実家リフォームの予算は?茨城県守谷市でリフォームすべきタイミングとは?
事前の準備がなにより大切

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
素敵な事例写真をご紹介します

株式会社アールプラスDMの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅・リノベーションのご相談はこちら

柏たなかstudio
住所
千葉県柏市小青田5丁目5−1werdenビル1F
かしわ沼南model
住所
千葉県柏市大島田2丁目2-1 かしわ沼南住宅公園内 ※セブンパークアリオ柏さんの向い。
幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1
守谷studio
住所
茨城県守谷市松ケ丘3-20-1
大分西studio
住所
大分県大分市寒田1057-1 calm1 2階
GARDENS GARDEN 幕張・柏
住所
千葉県柏市小青田5丁目5−1