建築家とつくる理想を超える注文住宅・リノベーション
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

店舗紹介

店舗紹介

室内干しと気密性

暮らしのポイント
公開日:2022.05.17
最終更新日:2024.01.14
株式会社アールプラスDMの家づくり写真
株式会社アールプラスDMの家づくり写真
暮らしのポイント
公開日:2022.05.17
最終更新日:2024.01.14

室内干しと気密性

結露
「室内干しと気密性」というコラムです。家づくりの基礎知識・性能・ノウハウに関する記事が記載されており、詳しく知ることができます。八千代市・幕張・柏市の注文住宅なら株式会社アールプラスDM。
みなさま、こんにちは!

R+house八千代の橋本です。

連日、雨が降り続けいるので、もう梅雨に入ったのかと思いましたが
まだ梅雨入りではないみたいです。
それにしても降りすぎですよね。


梅雨の時期の困りごとと言えば、「洗濯物の室内干し」です。
なかなか乾きにくいですよね・・・。
なぜ、梅雨の時期、室内干しで洗濯物が乾きにくいのでしょうか。

それは、室内の湿度が高いと、洗濯物の中に含まれる水分が蒸発しにくくなるからです。
つまり、湿度少し下げてあげれば、乾きやすくなるということと言えます。

どうやって湿度を下げたらいいのか。

方法の一つとして、換気が効率よく行われる状態をつくることがあげられます。
そのためには、気密性がカギになります。
気密性とは、家の密閉性を表すもので、隙間がたくさんあるのか、それとも隙間が少ないか、ということです。
隙間があると換気扇から空気が排出される際に、近くの隙間から空気が吸い込まれ、
遠くにある給気口から入ってくる空気が流れず溜まってしまうため湿気も溜まりやすくなります。

換気イラスト

気密性を上げることで、空気の流れが良くなり、湿気が溜まりにくくなります。
よって、室内でも洗濯物が乾きやすくなります。

家事もはかどりますね。

今回は、室内干しを例にお話しましたが、
性能を上げることで、他にもメリットがたくさんあります。
それは、別の機会にお話しましょう。

すぐにでも知りたい!という方いらっしゃいましたら、是非一度、話を聞きにお越しください。
ご来店のご予約は、こちらから
#性能 #暮らしの工夫

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.30

長野県を見習いましょう!

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.30

平均寿命より健康寿命をのばそう!

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.17

無垢材の効果

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
お金
2024.02.17

【八千代・幕張・柏・守谷エリア】リフォームは相続税対策になる?申告時の注意点についても解説

前へ
建築家と建てる家
「ヒュッゲ」を感じる暮らし
次へ
建築家と建てる家
「ヒュッゲ」を感じる暮らし

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

お客様の声
いただいたお客様の声を紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社アールプラスDMの家づくり写真
素敵な事例写真をご紹介します

株式会社アールプラスDMの家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅・リノベーションのご相談はこちら

幕張model
住所
千葉県千葉市花見川区幕張町5丁目417-7 幕張ハウジングパーク区画22
八千代studio
住所
千葉県八千代市島田台790-1
守谷office
住所
茨城県守谷市中央3-17-3 COSMOS守谷2F